イドのなんらか

TRPGしたりキャンプしたりするITエンジニアの人間が書く雑記

自治体の姿勢って透けるよねって話

今日は資源回収のためにゴミ出しをしたりしていた。

回収場所が遠く、ダンボールの量も多いので運ぶのに苦労した。

 

住んでいる地区は資源回収をしていないので、隣の地区に運び込むかたちとなったのである。

ちなみにこれは環境事業所に問い合わせた結果そこに運べと言われたので違法ではない。

 

なぜそんなことになってるのかというと、資源回収が半ボランティア化していて、自治体側が回収する枠組みを持っていないからだという。

そういうわけで、資源回収のない地区は、少量のダンボールなら、一般ゴミに混ぜて燃やすことになってるらしい。

 

実家の方では、自治体でも自治会でも資源回収を行っていて、ゴミはなんでも資源化しようという試みがなされていたので、ビックリした。

廃棄物の処理は公的な仕事であるし、自治体ごとに異なる対応をするのは当たり前である。

当たり前なのである。

 

のだが、ここまでギャップがあると、温度差でショックを受けるのも事実だ。

まあ一市民が騒いでどうにかなることでもないし、環境問題はお上様がやってくれるのだから、文句は言えない。

 

郷に入っては郷に従えということで、これからはダンボールを燃やすことになるだろう。

今回は引っ越しで相当量のダンボールを使ったので、モラル的な意味合いを含めて資源回収に出した部分が大きい。

今後は小分けにダンボールを消費するので、一般ゴミとして小さく切って処理しようと思う。

 

改めて、ゴミが回収されることはありがたいことなんだなぁと実感した。

コロナ騒ぎで大陸の方での資源買い取りの価格が下がったとかで、自治体の資源回収は結構な赤字になるらしい。

それでも資源化しろと言うのは、浅慮な発言なのかもしれない。

 

まぁダンボールが資源化されないことにモヤッとする気持ちはあるが、市民になる以上は市民としての姿勢も必要である。

プラスチックの分別や、アルミ、金属製品とかの扱いをパーフェクトにして、他の部分で環境に貢献していきたい。

 

そんなことを思った休日だった。

明日も、良い休日になることを願う。

仕事したり実家戻ったりなんだり

今日もまたお仕事してきた。

ちょっと早めの時間について、勉強に勤しんでいた。

 

新人組の中でも特に新人の僕が追いつくには、まあそれなりの努力が必要なのである。

スクラムとかで席に着くと、知らない言葉でみんなが話すものだから、まずは言葉の使い方から会得しなければならない。

僕の次に新人の仲間は、それでも僕より3週間程度のアドバンテージがあって、先輩たちの中で戦っているのである。

であるから、僕もその程度には気高くあらねば、採られた意味を見いだせないのである。

 

3日もして、社内の勝手とかメンバーの印象とかはそこそこに固まってきた。

開発環境等々含めて準備がだいぶ終わってきたので、来週からは業務に投入されるかもしれない。

ビビってる自分はいるが、まあどのみちやる仕事なので、学ぶつもりで楽しんでやろうと思う。

 

学びといえば、新人に対していくつか課題が出ているので、それを消化するのも僕のお仕事である。

読書課題とかそういうのもあって、できる社長がピックアップしてるのだから相当に面白い本を読んでもいる。

こいつも来週末までには終わらせて、デキる新人を見せつけてやりたいところである。

 

いや、実際には内心本当にこの課題をこなせるのかとか仕事しながら勉強もするのかとかそういう不安とかいろいろあって、強がりとしてこういうイキリをしているのである。

新しいことは、往々にして怖い。

 

が、既知にまみれて窒息死することの方が怖いから、僕は就活をしたし、内定を受諾したのである。

であるから新しいことにビビりつつも、それを進化の過程として受け入れなければ、どうして昨日の僕に顔向けできよう。

 

うん。

やっぱり言葉は偉大で、こうして自分をすらも勇気づけられるのだから、このブログの価値は少なくとも僕にとってはあるのだ。

 

さて、今はいろいろあって実家にいる。

新居に持ってくものとかいろいろ取りに来たりして、第二の引っ越しのために帰ってきたという次第である。

 

いや両親が親バカこじらせて毎日毎日電話してくるとか、餃子作って待ってるとか、明日送ってくとか、いろいろと気を利かせて気遣ってくれているのだから、どうして断ることができよう。

で、実家のインターネット回線があるから、こうして長文を書いて穏やかにしてもいる。

はてなブログのアプリをダウンロードできたのも、そのおかげである。

回線が来るのは一ヶ月後だから、この味を忘れないようにするために、心行くまで使い倒すのである。

 

そんなこんなで今日は実家で寝る。

母が捨てたくないと言ったベッドで、今日は寝る。

 

ホームシックにかかるんだろうなって思った矢先、一週間足らずでこのザマである。

面白い家族だ、と思う。

ありがたい。

 

今月のモバイル通信量が割とピンチなのでブログ毎日更新は無理かなと思ったが、まぁやっぱり書こうかなと思う。

まあ予定は常に未定なのでアレだが、記録をつけたことが記録になるのだから、ゲーム感覚で面白いというのもあるし、半年かけて育てた連続更新記録を無駄にしたくないという邪念もある。

ごみ捨て場の年季にこだわるヤツもいないと思うが、好きでやっててそれが趣味になるなら、それはいいことなはずだ。

 

なのでスマホが通信速度制限にかかっても、懲りずにインターネットにゴミを放流していくのだと思う。

インターネットは、もっとくだらなく、もっと汚くあるべきなのだ。

しめしめ。

 

美味い飯も食ったし好き勝手に回線使えるしでやっぱり実家は天国である。

ここに好きなだけ帰ってこれるのだから、安心して働けるし、安心してひとり立ちもできる。

 

それは相当に甘いことで、恵まれていて、有り難いことなのだ。

だから、感謝で報いるのがせめてもの礼儀なのだ。

 

就活中はあまり報酬に興味がなかったが、働いて稼いだら、そのうち親孝行をしてやるのである。

いやこれも独り言で、何かに誓ったわけではないし、僕は雑魚なのですぐに音を上げて仕事をやめて逃げ帰るのかもしれないけれど。

 

それでも言霊の力でここまできたのだから、宣言くらいはしておこう。

うん。

いつか、僕は稼いだお金で親孝行をする。

そう決めて、そう言ったのだから、そうするのだ。

 

よし。

今日はこのあたりで締める。

 

明日はお休みなので、実家の近くの床屋で髪を切ってくる。

行きつけの床屋で、行ってきますの挨拶をし忘れていた。

最後になるかもしれないけど、中防からお世話になっていたのだから、感謝は伝えなければ。

 

そんな感じで、明日も良い一日になるだろう。

通信量ががが

今日になったら回線が引けると思ってたのだが、いろいろあって引けなかった。
結局回線会社通して引くことになるので、インターネット環境が整うのはしばらく先になりそうである。

スマホだけで生活するにも通信量の消費がバカにならないので、しばらくブログは省エネになる。
来月になったらまた真面目になる。はずである。

仕事が始まった

今日から仕事が始まった。
10:45に出社してほしいとのことだったので、そのようにした。
入社手続きに使う書類一式も、しっかりと確認して持っていった。
前職(アルバイト)の源泉徴収票だけはないのでアレだが、それは今年末までに出せば良いとのことだった。

朝起きて、洗濯して、ごみ捨てて、ちょろっと分別とかで問い合わせして。
そんな感じの朝であった。

電車には少し早めに乗った。
理由はいくつかあるが、まぁ僕が生真面目で遅刻嫌いだからそうしたというのが一番大きい。

それが目的で新居を選んだというのだから当たり前であるが、行きの車内はなかなかに快適だ。
都内勤務だからもっと混むだろうと思っていたが、杞憂に終わりそうだ。
いや杞憂に終わって欲しい。
明日も、明後日も、これからずっと、電車は混まないでいてほしい。

今日職場でやったのは、デイリースクラムとか職場になれるための簡単なチュートリアルとかだ。
あとは勉強会とか、そんな感じで終わった。

守秘義務とかもろもろについて誓約書を書いたのであまりここで書くこともないのだが、まぁ仕事らしい仕事は特にしなかった。
しばらくは勉強&勉強になりそうだ。

学びのない仕事はないのだから、学ぶことも立派な仕事であろう。
あとはスクラムとか会議とかに顔だしながらプロジェクトとかについて理解を進めて、手出しできるところを見つけてコミットする形になる。

大成できるかは不明だが、したいとは思う。
まずはそれを口にして、頑張りたいと願うことから始めると、そう決めた。
そう決めたのだから、そうするだけだ。

うん。なにも難しいことはない。
困難を楽しみながら、マイペースに成長と貢献をしていこうと思う。

入社時には特に気にしてなかったのだが、代表の人が結構すごそうな人でビビった。
が、まぁ僕が成すべきことが変わるわけでもない。

すべてのモノに敬意を払い、謙虚な自分でありたい。
明日もまた、そのようにして生きようと思う。

そんな一日だった。
明日からはもっとコミュニケーションをとって、新人として学べることはなんでも吸収していこう。

学生最終日

今日は学生の身分としての僕の、最後の日である。
いや実際に退学が受理されるのは今月末なのだが。
まぁ学生と社会人の境界が、今日と明日の間にあるという話だ。

そんな学生最終日だが、結局大したことはせずに終わった。
朝起きて、歯磨いて、洗濯して、買い出しして、飯作って。
そんな感じの専業主婦ごっこをしていた。

ニート生活の最終日にふさわしい、集大成のような平凡を謳歌した。
ゲームは大してやってないが、まぁネットが開通してないのだから致し方なし。
仕事に慣れて日常の余裕ができたら、また少しずつ復帰しようと思う。

明日は10:45から出社だ。
住まいが駅に近いし乗り合わせも良いので、通勤自体は楽である。
そのために越したのだから当然といえば当然なのだけれども。

とにかく、明日は朝に余裕があるので、洗濯とかいろいろしてから会社に向かおうと思う。
着る服も、用意しておこう。

今日は本当は書き溜めていた就活のまとめとかを上げるつもりだったのだが、PCから上げられないので致し方なし。
それは週末にでも回そうと思う。

さようなら、ニート生活。
僕はこれから社会人になる。
半年前の僕がなろうとしていた存在に、なる。

遠回りもしたし、悩みもしたし、それで手に入れたものもあった。
就職以外に得られたものは、意外にも多いし大きい。
がむしゃらにやってみて、良かったと思う。

毒にも薬にもなる就活だが、総じて見ればやはり毒であることは変わりない。
免疫をつけたと思って、これからの人生でそれを供養していこう。

そんなわけで、既卒ニートの就活日記はこれで終わる。
いやこのカテゴリー自体は今度上げる就活まとめにも使うのだが、日記としての機能は今日で終わりという意味である。

くだらない使い方をしたが、役には立ってくれた。
過去に綴った言葉たちは、立ち上がり前に進む勇気をくれたのだ。

そうしたものたちを誇りにして、明日を生き抜こう。
そんなことを思った就活であった。

新居で寝たりなんだりかんだり

今日もスマホからの更新である。
木曜日にならないと回線が通らないのでしばらくの我慢だ。

さて、昨日は早速新居で寝た。
普通に寝れたし、普通に生活できた。

無印良品の羽枕が薄かったので、2枚目を買った。
ひとつの枕カバーに2つ突っ込んでみたらなかなか好みの硬さ、高さ、大きさになった。
我ながら良い判断をしたと思う。

後は新居で使う調味料とか油とかそういうのを買い出したりもした。
兄も同じことを考えていたようで、まったく同じ食品が2つずつ並ぶことになった。

醤油は同じサイズで同じメーカーのものだったし、黒胡椒はエスビーの簡易ミルつきのやつだった。
サラダ油もごま油もまったく同じものを買っていた。

感性が似てるなぁって改めて思った。
まぁ似てなきゃこんな年で共同生活を始めることもないか。

明後日からは仕事が始める。
僕の人生初の社会人生活である。

学生としての生活は、後一日だけしか残されていない。
せいぜい、ゆっくりと楽しみ見つつ、その日を待つことにしよう。
まぁどうせ明日も買い出しに行くのだろうけど。

そんな感じの一日だった。